セパタクローって何?超絶テクニックの足技が魅力、ルールを紹介

 

この前、テレビでセパタクローの大会のニュースを見ました。

実は「セパタクロー」という言葉を聞いたのは、その時初めて。

「きっとマイナーなスポーツなんだろうな~」
と思ったんですが、調べてみたら実は世界ではかなりメジャーなスポーツだったんです!

ということで、セパタクローのルールとみどころについて簡単にまとめてみました。

セパタクローって何?どんなスポーツ?

簡単に言えば、足しか使っちゃいけないバレーボールのようなものです。

セパタクローという名前は

「セパ」=マレー語、「タクロー」=タイ語 で「ボールを蹴る」という意味なんだとか。

日本ではまだあまりメジャーではありませんが、
なんとアメリカでは四大スポーツのうちに入るくらい人気のスポーツだったんです!

発祥や歴史を簡単に紹介

セパタクローの始まりは9世紀頃(西暦801年から900年までの間)。
東南アジアで行われてきた伝統的なスポーツだそう。

日本では平安時代前期。蹴鞠(けまり)が宮廷競技として楽しまれていた時期ですね!
蹴鞠のルーツは中国からだそうですが、何か縁を感じますね(笑)

 

歴史が古いスポーツですが、公式ルールが作られたのはおよそ60年前(1965年)。

徐々に世界中に広まっていきましたが、それまではもっぱら男子のスポーツでした。
現在では-1997年に世界選手権でも女子の公式種目になっています。

日本ではまだまだ知名度は低いとはいえ、日本代表選手たちもとても活躍しています。
アジア大会では銅メダルや銀メダルなど、なかなかの成績を収めているんです。

最近では大学のサークルや高校の部活なども増えてきているようですし、その人気は年々上がってきているようです

 

セパタクローのルール

試合の様子を見ているとまさに「バレーボールの足バージョン」のようなんですが、
ルールはバレーボールに似てるようで実はちょっと違います。

ネットを挟んで2チームで対戦する、3回でボールを返すといったところはバレーと同じ。

違うところはというと、

 

・3人制(4人制もあり)

・コートはバドミントンと同じ広さ、同じネットの高さ(女子はちょっと低い)

・手を使ってはいけない(ヘディングはOK)

・ボールは3回以内に返せばいいが、一人で3回ボールを蹴るのもアリ

・ポジションのローテーションはなし

・サーブは一人3本で交代、どちらの得点かは関係なく交互に3本ずつ

・サーブ時はボールを手で投げてもらってキックでサーブ

・ボールは小さく、プラスチックで編まれた軽いもの(昔は藤で作られていた)

 

といったところでしょうか。

とはいえバレーボールのルールを知っていればそんなに難しいことはないので、全く知らない人が見ても楽しめると思います。

 

テクニックが凄い!キャプテン翼みたいな足技

セパタクローの最大の見所は、やはりアクロバティックなアタックです。

手が使えないので当然アタックも足でするんですが、

ジャンプして回転しながら頭の高さでボールを蹴る姿はまさにキャプ翼!!

一歩間違えたら大きな怪我をしてしまいそうですが、それだけにすごく見ごたえがあります。

ちなみにブロックも当然足です。

その激しい攻防は見る人を熱くさせずにはいられません!

 

 

アタックを決めてから着地する姿がまるで猫のようですね!
コートは狭いですがとてもダイナミックです。

リアルタイムで観戦したらすっごく盛り上がりそう!

日本でももっとメジャーになってテレビでも見れたらいいのにと思ってしまいました。

まとめ

簡単にではありますが、セパタクローについて調べてみました。

 

・セパタクローは東南アジア発祥の、足でするバレーボールのようなスポーツ

・世界ではかなりメジャーなスポーツ

・プラスチックで編まれた小さな軽いボールを使う

・アタックやブロックなどの足技がアクロバティックで見事!

 

セパタクローは今はまだオリンピック競技ではありませんが、オリンピックに加わる日も近いかもしれませんね!

個人的に楽しみにしています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください